大阪のシンボル通天閣。そのお膝元の 新世界で「お か み さ ん」と町中の人たちから頼りにされている 一人の女将がいます。 このブログは新世界のおかみさん「衣川 あや子」に スポットを当て応援します。
新 世 界 の お か み さ ん
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今宮戎神社  えべっさん のホントの話
2009-01-10-Sat  CATEGORY: おかみさんの知恵袋



今日は十日戎です




おかみさんは




朝から晩まで




飛び回っています




今日のブログの更新は




過去ログから




えべっさんの謎を




解き明かしたものを




再度アップしておきます




ここでひとつ、おもしろ情報です




(以下2006年12月6日ブログより)




新世界の住民も

知らないホントの

「 今宮戎神社 」のお話です

よく新春のニュースで

報道される「福男」競走で

有名な「西宮戎神社」がありますが

地元民も誤解しているのが

「今宮戎神社」は「西宮戎」の

分詞筋だと思っていることです




これは大きな間違いで






実は

歴史的に見て

本筋の由緒正しき神社は

「今宮戎神社」なんです




ご説明しましょう




神社とはお寺とは違い

すべて「何々宗」とかと言った

系列組織ではありません

神社は神話の時代から

その土地土地に根付いた

風土から出たものなのです

ですから

「今宮戎」と「西宮戎」は

全くの別系列であって

各々の神社の歴史を

見てみても

それぞれが交わる時期は

一度も無いのです

では

「どっちが由緒あるの?」と

いうことになりますが

一般的に

{歴史が古い=由緒正しきもの}

という解釈でお話を進めましょう




続いて




(以下2006年12月7日ブログより)




「 西宮戎神社 」が創建されたのは

同神社の発表によると




「平安時代の百科事典である伊呂波字類抄や

承安二年(1172年)に行われた広田社歌合に

「えびす」の名が見えるほか

高倉上皇の御奉幣をはじめ

皇族・神祇伯の参拝が

度々あったことが古文書に記されています」




とあり




 1172年 であることがわかります





一方我らが






「今宮戎神社」は

 同神社の発表によると





 「 創建は推古天皇の御代に

 聖徳太子が四天王寺を建立されたときに

 同地西方の鎮護として

 お祀りされたのが始めと伝えられています 」




 とあり 




 593年であることがわかります




また

四天王寺に現存している古文書には

聖徳太子の命令で

「 今この宮に戎様をお祀りなさい 」と

創建したのが

「 今宮戎神社」 と残っています






(これは西宮戎神社が出来る579年も前の事

です)








この時代

四天王寺は

海に面して

ビーチサイドに建っていたと

されていますので

現在の今宮戎神社の場所は

海の底になりますので

創建当時の

今宮戎神社は

新世界を挟んで

現在のちょうど反対側の

四天王寺よりに

あったのではないかと

推測されます




(以下2007年1月9日ブログより)




このように




日本国中に




数多く散らばっている




戎・恵比寿神社!




その中で




聖徳太子の勅命で




四天王寺の守護神として




創建されたとされるのが




今宮戎神社なのです




「商売繁盛で笹持ってこい!」




新世界のおかみさんは




明日も元気です



































スポンサーサイト
ページトップへ コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 新 世 界 の お か み さ ん. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。