大阪のシンボル通天閣。そのお膝元の 新世界で「お か み さ ん」と町中の人たちから頼りにされている 一人の女将がいます。 このブログは新世界のおかみさん「衣川 あや子」に スポットを当て応援します。
新 世 界 の お か み さ ん
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
おかみさんの夢十夜  第三夜
2008-02-01-Fri  CATEGORY: 小説・創作
こんな夢を見た

そうです

ここでひとつ、おもしろ情報です

おかみさんは歩いていた

真っ暗な道を

何処かわからない

でも

暗闇に目が慣れてくると

そこが墓場だということがわかった

後ろの遠くの方に

お寺があるのがわかるので

どうやら

お寺の敷地内にある墓地を

出口の方へむかって

歩いているらしい

でも

何処のお寺かはわからない



だんだんともっと

暗闇に目が慣れてくると

自分が歩いてきたであろう道の後ろの方から

地面のところに

何か丸い黒いものがあるのがわかる

よーく見てみると

赤ん坊が

はいはいしている

そして自分の方へ近づいて来るのがわかる

おかみさんは

とにかく逃げないとと思い

歩きバヤに歩いた

でもどうしても

後ろが気になり

振り向かずにはいられない

ひょいと振り向くと

あんなに遠くにいた

赤に坊が

ぐっーと近づいて来ていて

もうはっきりと

赤ん坊だとわかる

「 おぎゃー おぎゃー 」と

そのうち声も聞こえ出した

おかみさんは

気味が悪くなり

走り出したいのだが

もし走って

もし追っかけれでもしたら

たまらないので

それでも競歩で急いで

墓地を出なくてはと思った

声が

どんどん大きくなり

・見てはいけない

見なくていいのを

感情が逆支配した・

ふと振り向くと

赤ん坊が

自分のすぐ後ろまで来ている

「 ああっー 」

声にならない悲鳴を上げた

その次の瞬間

赤ん坊の形をしたそれは

ひょいと

おかみさんの肩に飛びつき

「 おぎゃー おぎゃー 」

と鳴いた



そのとたん

おかみさんは

意識を失ったそうです

新世界のおかみさんは

明日も元気です










スポンサーサイト
ページトップへ コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 新 世 界 の お か み さ ん. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。