大阪のシンボル通天閣。そのお膝元の 新世界で「お か み さ ん」と町中の人たちから頼りにされている 一人の女将がいます。 このブログは新世界のおかみさん「衣川 あや子」に スポットを当て応援します。
新 世 界 の お か み さ ん
地震の報道で思うこととは・・・巧みに誤魔化されている真実を見抜くこと
2011-03-21-Mon  CATEGORY: ジェネラルゴシップ・GOSSIP

福島第一原子力発電所の



大事故についてでいすが



まず最初に



言葉の整理をします



ここでひとつ、おもしろ情報です



放射性物質

放射線

放射能



という三つの言葉がよく使われていますが



この中で最も一般的な言葉である



放射能という物質は実は存在しないんです



存在する物質は



「放射性物質」と



「放射線」の二つだけだという事を



まず覚えておいて下さい



原発自体から現在漏れ出しているのは



放射線と放射性物質なんです



このうち放射線については



原発からせいぜい数百メートルしか



出ていないんです



ですから数キロも離れていれば



何の問題もありません



ですが



最も恐いのは



放射性物質なんです



こいつは



簡単に言うと



原発付近の空気中に漂う塵が



放射性物質となり



風に吹かれて飛んでいくことが



一番恐いんです



チェルノブイリでは



この放射性物質は



風に吹かれて300kmも浮遊して



被害が及んだという事実があります



運悪く風下に当たってしまえば



250kmの東京まで来るということなんです



「チェルノブイリと事故の種類が全然違う」



という輩のいうことは信用しないで下さい



前出のように



事故自体の規模は確かに違うことで



それで問題になるのは



放射線のことです



原発から風に乗って飛んでくる



放射性物質については



簡単に言うと



事故の大きい小さいは



まったく関係ないんです



ですから



気にしないといけないのは



放射性物質が流されて行く



風向きだということです




そしてさらに



放射線の人体へのレベル単位の



マイクロシーベルトですが



報道されているのは



1時間単位なんですね



それでコメントして比較するときには



1年単位になっていますよね



ですから



公表されたマイクロシーベルトに



(24時間×365日)=8760ですから



8760をかけて



それで1年単位の数値になります



例えば昨夜のデータでは



東京は0.049と発表されていますが



8760をかけた1年での



放射線量は429.24となる訳です



言葉の中に巧みに隠された



真実を見抜けないと



命が危なくなるかも知れませんね



新世界のおかみさんは



明日も元気です











スポンサーサイト
ページトップへ コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 新 世 界 の お か み さ ん. all rights reserved.